Seiken
Q & A
Seiken油脂について


Q 1.ブレーキ液の保管有効期間はどの程度か。
Q 2.ディスク車のブレーキ液は、どうして早期交換をしなければいけないのか。
Q 3.ブレーキ液は、なぜ塗装面に良くないのか。
Q 4.クーラントをサブタンク未装着の大型車に使用する際には、どんなことに気を付
    ければ良いか。
Q 5.クーラントの濃度は、冬季の凍結温度で決められるか。
    また、濃度の測定方法はどのようにするのか。
Q 6.クーラントの色は、なぜ緑、赤などに区別してあるのか。
Q 7.冷却水は上水道、工業用水のどちらが良いか、またそれはなぜか。
Q 8.ブレーキフルードの交換基準は?
Q 9.ブレーキフルード・テスターとは何を計測するのか。
Q10.ブレーキフルード・テスターの信頼性はどの程度なのか。
Q11.ブレーキフルードには3つの基準があるが、一般ドライバーはどれを使えばいいのか。





Q1.ブレーキ液の保管有効期間はどの程度か。

A.  Seikenでは、ブレーキ液の生産ロット毎に2年間の取置きサンプルを実施してお
    りますが、2〜3年間は品質に全く問題はありません。しかし防錆および酸化防止
    の添加剤により、液が淡黄色から黄色に変色することもあり得るので商品価値の
    上から必要以上に長期在庫することは避けるべきです。


Q2. ディスク車のブレーキ液は、どうして早期交換をしなければいけないのか。

A.  ディスクローターとパッドの摩擦熱が直接キャリパー内のブレーキ液に伝わる為、
    瞬間的に温度上昇します。ディスクブレーキは残圧による沸点上昇の加算がない
    分ドラムブレーキよりも急上昇に耐える高沸点を常に維持する必要がある訳です。


Q3. ブレーキ液は、なぜ塗装面に良くないのか。

A.  ブレーキ液の主原料であるグリコール系のものは、塗料を溶解させるのに使用し
    ており、塗装面に付着すると溶け込んで色をぼかし、塗装をはがす可能性があり
    ます。


Q4. クーラントをサブタンク未装着の大型車に使用する際には、どんなことに気を付
    ければ良いか。

A.  サブタンクの装着されていない大型車では、ラジエーター内水分の蒸発が著しく
    (6ヵ月間で約5〜7%)、そのため、運転者は水を多く補給しがちなのでクー
    ラント濃度がどうしても低下気味となります。そこで、クーラントテスコープな
    どを利用し、定期的に濃度測定を行い、濃度を保ち防錆効果が低下しないように
    する事が肝心です。


Q5. クーラントの濃度は、冬季の凍結温度で決められるか。
    また、濃度の測定方法はどのようにするのか。

A.  凍結温度だけでは決められません。
    一般的に、「クーラントの濃度は、不凍性の面から走行地域の最低気温に耐える
    凍結温度を維持する濃度に保つ必要がある。」とありますが、あまり薄い濃度で
    使用してはいけません。濃度が薄くなれば、防錆剤の絶対量も少なくなりますの
    で、防錆効果が低下し、防錆効果のある期間も短くなります。
    特に、クーラントの場合は防錆性能が長期使用の重要なポイントとなり、JIS
    規格の金属腐食性試験、循環腐食性試験において、30%水溶液を用いて評価し
    ていることから、30%以上の濃度で使用することが望まれます。
    また、濃度70%以上では、逆に性能を低下させるので使用してはなりません。
    濃度測定については、簡便な方法として比重計などで比重を測定するか、屈折計
    (クーラントテスコープなど)で測定する、などが上げられます。


Q6. クーラントの色は、なぜ緑、赤などに区別してあるのか。

A.  JIS規格では不凍液の適宜な着色をしなければならないとあります。
    クーラントの着色は、トヨタ系が赤色、その他カーメーカーが緑色を使用してお
    ります。
    クーラントの着色は使用確認、液もれの発見、いろいろなオイルとの誤用防止、
    また特に水だけの使用を区別するために着色しております。


Q7. 冷却水は上水道、工業用水のどちらが良いか、またそれはなぜか。

A.  上水道は飲料水を供給するシステムであり、飲用しても人体に悪影響を及ぼさな
    いことが必要であり、厳しい基準が省令によって定められております。
    工業用水はその用途に応じて要求水質が異なり、業種別、用途別によって、標準
    水質の基準値に大きな違いがあります。
    自動車用の冷却水には水質にバラツキが少なく、容易に入手が可能である、上水
    道を使用することが一般的です。
    工業用水を用いる場合は何れの業種あるいは用途の水であるか、また、総硬度、
    金属イオン濃度などを、あらかじめ調査した上で使用することが望まれます。


Q8. ブレーキフルードの交換基準は?

A.  各種条件の内、判断しやすい内容のみ示します。
    1.使用中のフルードの沸点が140゜C以下になった場合。
    2.沈殿物(摩耗紛など)で黒褐色や異常な濁り、浮遊物を確認した場合。


Q9. ブレーキフルード・テスターとは何を計測するのか。

A.  Q8に対するAの1.にある使用中フルードの沸点を測定する試験機です。
    当社の試験機(BFT-1)はズバリ沸点が表示されます。
    沸点は水の含有量で左右されますので、水分含有量とも相関している
    と言えます。


Q10. ブレーキフルード・テスターの信頼性はどの程度なのか。

A.  当社のテスター(BFT-1)は測定温度が180゜C以上のとき、最大で
    5%の誤差が出ます。


Q11. ブレーキフルードには3つの基準があるが、一般ドライバーはどれを使えばいいのか。

A.  ブレーキフルードには、一般車向けに3種類の基準が有ります。
    沸点の高低によりBF3〈BF4〈BF5とクラス分けされています。
    一般ドライバーはどれがいいか、というよりも各車両毎に規定されている
    クラスのフルードをご使用下さることをお奨めします。ラリーを行うなどの、
    特殊な車でなく、大衆車で日常からQ8のことについて注意しており、車検毎
    にフルードの全交換を行う限り、BF3で十分です。
    なお、高出力車はエンジンパワーが大きく、制動力も強化し、発熱量が大きい
    ため、BF4クラス以上のフルードを指定する車両もあります。






| HOME | TOP | BACK | NEXT |