ゴム部品 −カップ,ピストンシールとホース−

■ 液圧ブレーキ機構で液圧を発生させ、またそれを受けて制動力に変える立役者はカップ、ピストンシールです。カップ、ピストンシールは過酷な条件で使用され、圧力、摺動、熱、化学変化を絶えず受けるため、重要保安部品に指定されています。
1.ピストンカップ
カップの機能はピストンの摺動時にブレーキ液を完全に密封して、所定の内圧を与えることです。しかも過酷な使用条件下でもこれを維持する耐久性に加え、摺動抵抗が低いこと、エア吸込みがないこと、踏力ロスが少ないことなどが要求されます。
1)種類と形状
マスターシリンダー用ピストンカップ

プライマリー カップ

セコンダリー
プレッシャーカップ

サ ラ 型

リング型

※モールドリップ・・・摺動抵抗の軽減と寸法安定によりシール性が向上します。
ホイールシリンダー用ピストンカップ

サ ラ 型 カ ッ プ

リング型カップ

バックアップリング付カップ

リング型カップ

サ ラ 型 カ ッ プ

※バックアップリングは、カップベース面のカジリを防止します。
 取り付けのときは、バックアップリングの向きにご注意下さい。

目次に戻る 次のページ