ブレーキ豆知識               

        第四回

 ブレーキペダルの先には何が・・・・・ 

 

今回は「ブレーキペダルの先には何が・・・・・・」と題してお送りしていきます。

さて前回の復習をしましょう。ブレーキペダルを踏む力は何の力に変えられますか?

答えは液圧ですよね。前回のパスカルの原理のところで理解してもらえたかと思います。

「ブレーキペダルの先には何が・・・・・・」それに当たるのがマスターシリンダーです。ここで力を液圧に変えているわけです。

マスターシリンダーは車のどの部分に設置してあるのでしょうか?

ボンネットを開けてもらうと運転席奥側に設置されています。詳しくは下の写真になります。

        

マスターシリンダーでは注射器と同様にして液圧を発生させています。注射器の場合ピストンを押すと水が先端から飛び出しますよね。マスターシリンダーではブレーキペダルを踏む力がピストンに伝わって、ピストンを押し込みます(下図)。そしてブレーキ液(フルード)を押し出して液圧を発生させています。ここではゴム部品(カップ)によって液を外部へ漏れないようにしているところがポイントです。

もしカップに傷がある場合には液が外部に漏れてしまいますので、いくらブレーキペダルを踏んでもブレーキが効かなくなることもあるんです。定期的に点検または交換をする事が大切ですね。

ブレーキを解除した時にはどうでしょうか。

ブレーキペダルから足を離すと内部に組込まれているスプリングが戻る力が働きます。その力でピストンがもとの位置まで戻され液圧の解除が行われています。

(シングルマスタ参照)

 

どうですか?マスターシリンダーの基本的な機能を理解してもらえましたか?

普段、何気なくブレーキペダルを踏んでいると思いますが、その先ではこのようにペダルを踏む力を液圧に変えるための大切な動作が行われていたんですね。ブレーキは自動車部品の中でも人命を預かる重要な部品です。自動車を運転する際、常にブレーキの効きが良いか悪いか確認してもらえればと思います。また効きが悪い場合には整備工場などでの点検をお勧めします。

近年では今回紹介したマスターシリンダーに応用が加えられ、さらに安全性を高めたものが採用されています。

次回は「現在のマスターシリンダーの機能と安全性」と題してお送りしていきます。

 

 


| HOME | TOP | BACK | NEXT |